CLOUD SOFA

CLOUD SOFA

販売開始以来、多くの人から愛され続けているCLOUD SOFA(クラウド ソファ)。”CLOUD=雲”という名前の通りまるで雲の上に座っているようなふんわりと軽やかな座り心地は、至福のひとときを味わえます。背もたれの角度や丸み、背面のクッション部分の柔らかさまで、幾度となく試作を繰り返して完成した最高の座り心地をあなたに_____。

羽毛から追求した座り心地

モモ ナチュラルのソファの中でも一番たっぷりと羽毛(フェザー)を使ったクッション。スモールフェザーと呼ばれる、水鳥の羽から採れる、少し小さなサイズの羽毛を使用しており、羽根の芯が細いことから、繊細な柔らかさと高い復元力が特徴です。圧縮された後もクッションを叩くことでメンテナンスができ、ふんわりとした柔らかさを復元できます。また、水鳥毛は陸鳥毛と比べ、羽毛が小羽枝を出したような立体的な形をしており、湿気が溜まりにくく弾力性もあります。座面を構成しているもう一つの要素、”ウレタン”は、スモールフェザーを邪魔しない適度な弾力と耐久性がある30kg/㎥ラバーウレタンを。スモールフェザーとラバーウレタンの組合せで、しっとりと馴染む座り心地に仕上げました。

座面を支えるエラスティックベルト

脚元の抜け感や立ち座りのし易さから、座面高はやや高めの460mmに設定。座面を高めにすると、よりクッションに負荷がかかるため、一般的には高密度のウレタンを使用することで、負担を軽減する方法が使われます。しかしCLOUD SOFAの場合、柔らかな座り心地を追求するために、クッションはそのままであることが必要不可欠。座面フレームにエラスティックベルトを張ることで、座クッションが受ける荷重を吸収・分散するようにしました。CLOUD SOFAの座り心地は、クッションだけでなくこの構造があるからこそ実現しています。

人気のフレームに込められた秘密

背面の縦格子のデザインが特徴的な木枠フレーム。無垢材のフレームは、強度を意識したデザインが多いため、太く大きいソファがほとんどです。CLOUD SOFAは、ボリュームのあるクッションや、木目がはっきり出るオーク材を使用しながらも、重たさを感じさせないよう様々な工夫をし、木枠自体を細く華奢なデザインにしています。硬いオーク材は加工技術が必要な材ですが、モモ ナチュラルが長く無垢材と向き合って得たノウハウを活かし、一本一本丁寧に切り出し、細く丸みのある棒状に加工を施しています。細い部材同士でも、強度を確保するため、座、背、脚の接続部を三角形に繋ぎ合わせたトラス構造にすることで、接続部に加わる荷重を逃すようにしました。

暮らしに合わせたレイアウトを

日本の住宅事情に合わせたコンパクトなサイズ感でもゆったりと寛げるのは、アームレス仕様のソファならでは。一般的なアームのあるソファの場合、総幅に対してアーム幅を除いたサイズが座れる座面幅になります。そのため、3名掛けの場合総幅自体が大きくなってしまうのがネックポイント。しかし、アームレスソファの場合はアームが無いため、総幅1830mmの3名掛けでも3名以上座れる広さを作り出します。また、ゆったりと寛ぎたい方は、オットマンやカウチをプラスして、より広々としたカタチに。様々なサイズと隣合わせで並べることが出来るのも、アームレスソファならではの魅力です。
SIZE
1P
W630 D840 H800 SH460 mm
2P
W1530 D840 H800 SH460 mm
3P
W1830 D840 H800 SH460 mm
COUCH
W630 D1320 H800 SH460 mm
OTTOMAN
SQ700 H430 mm
SPEC
材質
フレーム:レッドオーク
背面・座面:ウレタンフォーム、羽毛
脚部:レッドオーク
衝撃吸収材
エラスティックベルト
仕上げ
オイルフィニッシュ
付属品
中脚 2本
※2P 1本、1P なし
組立
脚付けのみ
カバーリング
ウレタン交換
対応生地