PIENI KOTI

PIENI KOTI -ピエニ コティ-

MOMO NATURALが提案するキッズインテリアブランド『PIENI KOTI(ピエニ コティ)』。『PIENI KOTI』とはフィンランド語で”小さな家”を意味する言葉です。
初めて自分のお部屋を持った時の気持ちを覚えていますか?自分ひとりのためにあるその空間にとてもワクワクした気持ちに包まれたのではないでしょうか? 自分の部屋はもちろん、例えば机ひとつでも子どもにとっては小さな家のようなもの。そこから大きな世界が広がっていきます。 親が与えるのではなく、子ども自身が使いたい、と思う気持ちを大切に、成長に合わせて、形を変えて、ずっとそばにいられるように。長く愛していただける家具を、親子で一緒につくっていく小さな家をモモ ナチュラルからお届けします。

本物の天然木を小さな頃からそばに

『たとえ小さなスペースや空間でも、本物で上質なものを。』ピエニ コティの提案するキッズ家具は、モモ ナチュラルの家具と同じ樹種の天然木でていねいに作られています。自然の木が持つ匂い、手触り、温もりを小さな頃から身近に感じてほしい。そして、経年変化を通じて、寄り添う家具やおもちゃを大切にあつかってほしい。そう考えています。
大人になっても思い出す、天然木に触れたときのぬくもりを子どもたちに届けます。

想像力を掻き立てる

モモ ナチュラルでも人気のアルダー天然木でつくられたMOCHA(モチャ)シリーズ。オイル仕上げで使い込むほど風合いを愉しむことができ、木の温もりを感じられるシリーズです。木目は柔らかな広葉樹の赤褐色が特徴的で、ちょっと大人っぽさを感じさせます。 キッズデスクやチェア、スツールとシンプルなデザインは、お子さまが成長してからは、キッズデスクはリビングのサイドテーブルとして、キッズチェアは飾り台として、思い出と共に長く使って頂けます。
『想像して、創造する。』そんな時間を楽しんでもらいたい。 そのやわらかなクリエイティビティを邪魔しないよう、アルダー材の落ち着いた色調で、シンプルなフォルムに仕立てました。

成長に寄り添えるように

子どもたちの成長に合わせてずっと一緒に寄り添うことができるよう、ピエニ コティの家具シリーズには使い方を変えたり、形を変えたりできるデザインがあります。 本棚とデスク本体を分けることで付けたり、外したりができるCIELEやNICOシリーズのデスクセット。パーツでの組合せが選べるFHETHやNICOシリーズのベッドは、家族のカタチや成長に合わせて、二段にしたり、ロフトにしたり、と組み替えることができます。 成長と共に変化する考え方や暮らし方、流れていく時代の変化を受け止めて長く愛される存在になれるように。

シンプルな中にも子供らしさを

子どもから大人になるまでの長い時間を共に過ごす家具。大人になっても変わらずに愛情が持てる家具。そのためにピエニ コティでは子どもでも大人でも使える、甘すぎないデザインを大切にしています。
シンプル&スタンダードをそのままに、どこか子どもらしいフォルムや遊び心を加えました。そして、子どもが安全に使えるように、大人が安心していられるように、細部に丸みを施し、やさしさをプラスしています。