UNIT DINING TABLE with VENT

UNIT DINING TABLE with VENT

日々の暮らしの中で、多くの時間を過ごすダイニングテーブル。最近は食事だけでなく、仕事をしたり、子どもが勉強をしたり、友人が集まったり、と様々に使われるようになりました。
MOMO NATURALのユニットダイニングテーブルは、形状、木目、加工、仕上げを変えた天板、脚を揃え、住まう人の暮らしに合わせて、組み合わせやサイズを選べるようにしました。 オークの木が持つ個性豊かな木目の表情を活かしたVENTシリーズのユニットダイニングテーブルは9種類の天板をご用意しています。
《表情を選ぶ》
オーク材は木材の切り出し方により大きく表情が変わります。 丸太の中心部を通らずに切り取った、オークらしい山形や曲線の力強い木目が特徴の「板目(P/P)」。1本の丸太の中でも切り出せる位置が決まっており稀少で、伸縮しにくい特徴を持つ、まっすぐで美しい木目が魅力の「柾目(R/Q)」。 理想のお部屋のスタイルに合わせて、木の表情をお選びいただけるようになりました。
《カラーを選ぶ》
印象を決める「ミディアム」と「クリア」の2色のオイルの仕上げ。
もともとオーク材の木肌は明るい肌色ですが、色味を入れることでより深みと存在感を出す「ミディアム」と、軽やかで上品に仕上げてくれる「クリア」。他の家具ともトーンを合わせやすいよう、オイルの色を選べるようにしています。
*現在、オンラインストアでは「ミディアム」仕上げの商品のみを販売しております。


OVAL TOP <VEOT-01>

4つの角に丸みを施したOVAL TOP。オークの硬い印象に、やさしく柔らかな雰囲気をプラスしています。 レッドオークの雰囲気を残しながら、実は過度の丸みを2段階に変えることでより自然な丸みを生み出すことができました。 また、テーパード加工を施すことでよりすっきりとした印象に仕上がりました。お子様のいるご家庭ににも人気の天板です。

BOTHENDS TOP <-VEOT-02->

天板の両端に垂直に板を当てはめた、端ば目(はしばめ)継ぎ加工を施したBOTHENDS TOPの天板。レッドオークの特徴である力強い木目の流れを垂直に変えることでより木目の表情をより際立たせています。タテとヨコ、表情にメリハリをつけることで少しシャープな印象に。 端ば目は、木の収縮によっておこる木の反りなどを軽減させる役割も。 古いワークテーブルのようなクラシック&インダストリアルなテイストにも適したデザインです。

RECTANGLE ROUGH TOP <-VEOT-04->

自然に生まれた節を活かし、あえてサンディングをあまりかけず、木の質感、温かみをそのまま肌で感じていただけるRECTANGLE ROUGH TOP。
シンプルなオークの無垢材の天板ですが、職人が手作業で節のバランスを1枚ずつ合わせながら表情を決めており、技術と感覚が表情の格好良さを決めるデザインです。

CAB TOP <-VEOT-06->

50-55cmの通常より大きいブロック修正の天板。ブロック修正とハギ修正を混合させることで木の質感をより味わえるように。木目や色味、節がランダムに入るため、オイルを塗布した時に表情や風合いがより強く出るのが特徴で、さまざまな木目の表情を愉しめる一枚です。 カジュアルな雰囲気がお好きな方へもおすすめです。
※幅はぎ集成材とは 一般的な集成材が小さなブロック状の木を縦横に接合しているのに対し、幅はぎ材は、縦方向は1枚の細長い無垢板となっていて、それを横方向にだけ接合してつくられています。 1枚あたりの無垢板の巾は、80〜130mmぐらい。

PARQUET TOP <-VEOT-08->

寄木細工のようにタテヨコに20cm角のパーツを合わせて出来上がった天板。存在感があり、空間にアクセントを加えられる一枚です。
天板で使っているホワイトオークは本来フローリングに使われる木材で、1枚1枚面取りも施され、見た目も美しい仕上がりに。 バリエーション豊かな木の表情をこの天板1枚で満喫できる愉しさがあります。

RECTANGLE 30R TOP <-VEOT-07->

イメージしたのは、優しい丸みと無駄のない美しいデザインの北欧ヴィンテージ家具。無垢材の天板は一般的に30-40mm厚が主流といわれる中、あえて厚みを22mmと薄くさせることで、よりスマートな佇まいに。シャープさと柔らかさを兼ね備えた万能な天板です。
また、シンプルなフォルムだからこそ、木目の表情がより際立ちます。