Maintenance

家具のメンテナンスについて

基本的には固く絞った雑巾で汚れを拭き取り、さらに乾拭きするだけでOK。ホワイトペイント家具に汚れがついた場合は、水を含ませたメラミンスポンジ(洗剤無しで汚れが落ちる、研磨スポンジ)で軽くこすり、後に乾拭きを。アルダー材(COMO・VIBOシリーズ)はカサつきが気になったときのみ、オイルを含ませた布でこすり、その後乾拭きをして乾燥させます。
*メラミンスポンジは強くこすらないで、表面を軽くなでるような感じで拭いてください。

ホワイトペイント家具の場合

ホワイトペイント家具の本体に使用しているパイン材は、
水分を吸収すると膨らんで、自らキズを修復してしまう力があります。
この木が本来持つ力を利用して、キズを目立たなくすることができるのです。

1.
まち針などでキズの中を何度か刺し、
水がしみ込みやすいよう細かな穴をあけます。
2.
水を含ませたティッシュペーパーをキズにしばらくあて、
水を吸い込ませます。
3.
膨らんだキズ口を埋めるように
白いクレヨンを上から塗っていきます。
4.
OA用紙などでこすり、表面をなめらかにして、
最後に指先でなじませます。

ナチュラル(アルダー材)家具の場合

天然木をオイルフィニッシュのみで仕上げたアルダー材は、小さなキズも味わいの一つ。
けれどどうしても気になる目立つキズは、サンドペーパーを使ってなめらかに。
キズの深さによって、目の粗さを選んでください。

1.
ぬれぶきんで表面の汚れをきれいに拭き取り、
キズ部分に水分を含ませます。
2.
市販のサンドペーパーで、木目の方向に合わせながら、
表面を軽くこすります。
3.
最後にオイルを軽く含ませた布で拭き上げ、そのまま自然乾燥させます。
*『モモナチュラルのインテリアコーディネート』
発行:毎日コミュニケーションズに掲載されています。